2200年の世界: Pete Alcorn
860-990
3-6分
日本語字幕
社会問題


ピート・アルコーンによる”2200年の世界” 世界の人口がピークを迎えた後に起こる出来事を歴史をもとに予測します。歴史と社会問題に興味のある方におすすめのTEDです。日本語字幕あり。

内容は、2200年の世界について。世界の人口は2050年に100億弱まで増えた後、減少に転じる。人口が減ると経済の停滞や不景気が起こると言われているが、人口が減れば土地の値段は下がり、労働賃金は上がるため、貧困差は解消されやすくなる。過去にペストが大流行した後にルネサンスや技術革新が起きたように、人口がピークを超えた後こそ次の革新が起こる可能性がある。

プレゼンは、人口の統計や歴史をチャートで紹介しながら、最後は強いメッセージで締めくくっている。

英語は、少し早い上、ペストやルネサンスなどの歴史の話が出てくるので、英語が分かれば全体が掴めるわけではなく、何度も聞かないと全体像が掴みにくい。


TED Original Site

[評価]

内容:★★★★
プレゼン:★★★★
英語:★★★★★
総合評価:★★★★

[基本情報]

プレゼンター:Pete Alcorn
タイトル : The world in 2200
時間:3分50秒
カテゴリ:Social issue
ジャンル:Unconvincing
英語レベル:TOEIC 860-990
日本語字幕あり

*** 重要単語 ***
[重要単語]

  • Malthusian マルサス主義の
  • explode 爆発する
  • Enlightenment 啓蒙主義
  • scarcity 不足
  • stagnation 停滞
  • speculative 投機的な
  • scarce 珍しい
  • the Black Death 黒死病
  • romanticize 美化して描く
  • profligate 放蕩な
  • nasty 汚らわしい
  • brutish 粗野な
  • careen すごい勢いで進む
  • cliff 崖

TedRe Home